スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

何故、更新が滞っているのか? すみません、ゲームに精を出してました。

「MILK WHITE SHEETS」(2006年)
ISOBEL CAMPBELL


isobel+campbell01_convert_20111010151502.jpg

2ndソロ。
前作はベルセバ時代を思わせるモダン・フォークな作風でしたが、今作は約半数の曲がトラッドという内容。

それにしても、暗くて地味なアルバムだ(笑)。
同年にはマーク・ラネガンとのコラボ作も出してますが、あのアルバムから装飾的な部分を大幅に削った感じでしょうか(いや、あれも充分に渋い内容だったけど・・・)。
所々でストリングスやパーカッションetc...も登場しますが、基本はアコギの弾き語りで、無伴奏の曲まであります。

しかし、この手の音楽に派手さを求める人なんていないだろうから、これで良いのです。
いや、むしろ、この渋さがいい。
これからの季節、部屋に籠もって、こういった“わびさび”の極地のようなアルバムに浸るのもまた、オツなものです。

ただ・・・・・・歌詞やクレジットの読みにくさは、どうにかして欲しかったかな(苦笑)。
スポンサーサイト
line

comment

Secret

line
line

line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。