スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

更新が滞っている今日この頃

「ROAD TO ROUEN」(2005年)
SUPERGRASS


ジャケット

今さらながら、SUPERGRASSが解散していたと知って(遅すぎ)驚きました。
どれくらい驚いたかというと・・・

衝撃の図

↑これくらい

ブリット・ポップ終焉期に華々しくデビューして以来、超マイペースで、忘れた頃に良質なアルバムを発表してくれていた彼らのことは、SUPER FURRY ANIMALSあたりとともに非常に頼もしく思っていたんですけどねぇ。
せめて、あと1,2枚アルバムを残して欲しかった。残念。

というわけで、最近は彼らの作品をちょくちょく聴いているわけですが、やっぱりいいね、SUPERGRASS。
特に、60年代/70年代ロック(特に中期BEATLESやニール・ヤングなど)への憧憬が(今まで以上に)滲み出たこの5thは素晴らしい。

頭3曲の流れは完璧だし、ファンキーなリフで押しつつもサビでメロウになるタイトル曲、ジョージ・ハリスンっぽいラストのバラードも絶品。

トータルで35分ちょっとの長さというのも、疲れなくて良い(笑)。
まあ、腹六部といった感じで若干の物足りなさはあるけど。


しかし、やはり解散は残念ですね。
SUPER FURRY ANIMALSはまだ大丈夫だよね!?
スポンサーサイト
line

comment

Secret

line
line

line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。