スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

ロイ・ウッド特集 その1

「WIZZARD BREW」(1973年)
WIZZARD


wizzard01_convert_20110402215514.jpg

ELO特集をやったのなら、ロイ・ウッド特集もやらなければフェアじゃない(笑)。
というわけで、彼がELO脱退後に始めたビッグ・バンド風グループの1st。

WIZZARDといえば「See My Baby Jive」や「I Wish It Could Be Christmas Everyday」といったポップなシングル曲のイメージが強かったせいか、このアルバムを初めて聴いた時は、正直、かなり面食らいました(苦笑)。
シングル曲で聴ける人懐っこさや親しみやすさといった要素はすっかり影を潜め、長尺でアヴァンギャルドな曲が次々と繰り出されるので・・・。
A面2曲目なんて、ビッグ・バンド版ドゥーム・メタルってな感じですよ(笑)。

ただ、よくよく聴いてみれば、歌メロなんかは結構ポップだったりするんですよね。
この記事を書くために久々に聴き返してみたんですが、以前よりずっとポップなアルバムに聴こえたので、ちょっと驚きました。
うん、どんなに実験的なことをやってても、やっぱりロイ・ウッドなんですね。

そして、やはりラストを飾るクラシカルなバラード、「Wear A Fast Gun」が圧倒的に美しいです。
アルバム中、唯一アヴァンギャルドな要素が抑えめなこの曲は、まさにロイ・ウッド節全開の名曲。
ほんと、ルックスからは想像できない程、美しいメロディを書きますよね、この人は(笑)。
スポンサーサイト
line

comment

Secret

line
line

line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。