スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

2010年のベスト

音楽系サイト/ブログならコレをやらない訳にはいきませんな。

とりあえず、部門は「アルバム」「楽曲」「ジャケット」の3つで。
他に思いついたら、後で追加するかもです。


「アルバム」

1. KULA SHAKER 「PILGRIMS PROGRESS」
   kula+shaker+03_convert_20110122025707.jpg
従来のサイケ路線、インド路線も良かったけど、今作ではついにわたしの好みのど真ん中の音に(笑)。

2. JOANNA NEWSOM 「HAVE ONE ON ME」
   joanna+newsom01_convert_20110123033249.jpg
アナログ/CDともに3枚組という、やりたい放題の大作にして傑作。

3. MIDLAKE 「THE COURAGE OF OTHERS」
   midlake01_convert_20110122025631.jpg
前作よりシンプルになったけど、その分、哀愁は大幅増量。晩秋を思わせる絶品のメランコリー・フォーク。

4. SUB ROSA 「THE GIGSAW」
   sub+rosa_convert_20110122025156.jpg
ブラジル産、叙情派プログレ・バンドの1st。ジャケ買いだけど、音がまた素晴らしかった。

5. 放課後ティータイム 「放課後ティータイムII」
   けいおん03-1
昨年、最強のアニソン。

6. DAVID MINASIAN 「RANDOM ACTS OF BEAUTY」
   david+minasian_convert_20110122025252.jpg
全編、泣きまくりの美旋律シンフォ。ジャケはアレだけど、曲は一級品。

7. PAUL WELLER 「WAKE UP THE NATION」
   paul+weller02_convert_20110122025330.jpg
前作ほどのインパクトは無いけど、やはりこのアニキはカッコいいな。

8. ENFORCER 「DIAMONDS」
   enforcer01_convert_20110129232905.jpg
メロディが強化された2nd。A面5曲は完璧に近いね。

9. HOLE 「NOBODY'S DAUGHTER」
   hole01_convert_20110129233523.jpg
祝!再結成!コートニー・ラヴはやはり素晴らしいシンガーですな。

10. DOOBIE BROTHERS 「WORLD GONE CRAZY」
   doobie+brothers01_convert_20110122025430.jpg
9年は長かった(苦笑)。しかし、待った甲斐のある充実作に感激。

11. FUGATO ORCHESTRA 「NOE」
12. CATHEDRAL 「THE GUESSING GAME」
13. BELLE AND SEBASTIAN 「WRITE ABOUT LOVE」
14. THE CORAL 「BUTTERFLY HOUSE」
15. LISA O PIU 「BEHIND THE BEND」
16. ROBERT PLANT 「BAND OF JOY」
17. STARS 「THE FIVE GHOSTS」
18. BLIND GUARDIAN 「AT THE EDGE OF TIME」
19. ISOBEL CAMPBELL & MARK LANEGAN 「HAWK」
20. KAMELOT 「POETRY FOR THE POISONED」

 以下、リンゴ・スター、ニール・ヤング、茅原実里、ANCIENT BARDSなどが続きます。
 その他部門は追記で・・・。




「楽曲」

1. 「Winter's Call」 KULA SHAKER
メロトロンのノスタルジックな音色が胸を打つ、ドラマティック・チューン。

2. 「Masquerade」 DAVID MINASIAN
CAMELのアンディ・ラティマーが参加した長尺ナンバー。ギターが泣きまくり。

3. 「ごはんはおかず」 放課後ティータイム
まさか、この詞に曲が付くことになるとは(笑)。無意味に元気になれる電波系ロックン・ロール。

4. 「Love And War」 NEIL YOUNG
ニール節全開のアコースティック・ナンバー。なんかアコギを弾きたくなる。

5. 「光と闇の童話」 SOUND HORIZON
マーティー・フリードマンによるギター・ソロが熱い、シンフォニック・メタル・ナンバー。もっと音が良ければ・・・。

6. 「NO, Thank You !」 放課後ティータイム
2期のOP/EDでは、この曲が最強。日笠陽子嬢の声が映える哀愁のハードロック。

7. 「Me Oh My」 BRYAN FERRY
フェリーも声が枯れてきたな~。しかし、それがまた哀愁を増幅させていて、いい感じ。

8. 「U & I」 放課後ティータイム
2コーラス目のサビの歌詞で、不覚にもグッときてしまった。間奏のツイン・リードも良いね。

9. 「Acts Of Man」 MIDLAKE
アルバムの冒頭を飾る哀愁のフォーク・ロック。隠し味的なフルートも泣ける。

10. 「House On A Hill」 KAMELOT
彼ら独特の艶かしい叙情メロがこれでもかと味わえる曲。今作はなんかギターも頑張ってますね。

11. 「Startline」 寿美菜子
12. 「Running In A Menace」 ENFORCER
13. 「A Brighter Day」 DOOBIE BROTHERS
14. 「Irish Coffee」 FUGATO ORCHESTRA
15. 「23/24/11」 ANDERSON / WAKEMAN


「ジャケット」(ジャケ画像クリックで少し拡大)

1. STARS 「THE FIVE GHOSTS」
   stars01_convert_20110130014137.jpg


2. SYD BARRETT 「AN INTRODUCTION TO SYD BARRETT」
   syd barret01


3. 茅原実里 「SING ALL LOVE」(CD+DVD Version)
   茅原実里01
 


・・・と、こんな感じになりました。

アルバムは順位があって無いようなものでして、4位以下については、たぶんその日の気分によっていろいろと変動するんじゃないかと思います。

楽曲は、「大好きな曲だけど・・・曲名なんだっけ?」という曲が結構あって、確認が面倒でした(笑)。
最近は、曲名や歌詞、クレジットなどを見ずに音楽を聴くことが増えたせいだと思いますが・・・まあ、曲名くらいはしっかり把握するよう心がけたいですね。

ジャケットは候補が少なかったので選ぶのが楽でした。あまり喜べないことなんですが。
CATHEDRALなんかも相変わらず素晴らしかったんですけどねぇ・・・。みのりんの美貌に負けました。

実は聴き逃している作品がまだいくつもあったりするので、将来的にそれらがランクに食い込んでくる可能性も無きにしも非ず・・・といったところです。
今後、密かにランクが変更になっていたりした場合は・・・まあ、いろいろと察してください(笑)。

スポンサーサイト
line

comment

Secret

line
line

line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。