上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line
「DAMN YANKEES」(1990年)
DAMN YANKEES


ジャケット

プレイステーション・ストアでミュージック・ビデオを物色していたら、DAMN YANKEESの「High Enough」があったので、300円払ってダウンロードしてみた。

・・・うむ、ビデオの内容は微妙ですが、やはり曲自体は素晴らしいですね。
歌のハモや壮麗なストリングスが胸に沁みます。

この曲が収録された1stアルバムもよく聴いたものです。
バンドのテーマ曲である(?)6曲目とか、カッコいいんですよね。
・・・ジャケットのテッド・ニージェントはお世辞にもクールとは言えないけど。

しかし、PS3のHDDの空き容量がかなり少なくなってきたなぁ。
そろそろゲーム・データのリストラを敢行するか・・・。
スポンサーサイト
line
「THE RUTLES」(1978年)
THE RUTLES


rutles01_convert_20110508011256.jpg

モンティ・パイソンのエリック・アイドル、元BONZO DOG BANDのニール・イネスらによって結成された、BEATLESパロディ・バンドの1st。
今さら言うのも恥ずかしいくらいの名盤。

とにかく、パロディとして聴いても、オリジナルとして聴いても高品質というのがすごいですね。
パロディ・ソングかくあるべし、という感じでしょうか。
「Cheese And Onions」なんてブリティッシュ・ポップ史上に残る名曲ですよ。まあ、歌詞はバカバカしいけど(笑)。
メランコリックな「Another Day」も良いね~。

英国オリジナル盤がわりと安価で入手出来ますが、とりあえずは曲数の多いCDをどうぞ。
あ、ジャケ違いのバージョンもあるのでご注意を。
line
「アンダーディフィートHD」(2012年)
グレフ

パッケージ絵

無駄に忙しいので、簡易更新でお茶を濁しとこう(?)。
ん?何だか既視感が・・・。
・・・ということで、2005年にアーケード用として登場したシューティング・ゲームの、PS3植版。

しかし、硬派なシューティングですね。
最近はシューティングにまで「萌え」が侵食しているわけですが、本作にはそんな要素は皆無!
ついでに、弾幕系でもありません。

難易度はイージー・モードでも結構高いですが、ゲーム自体はなかなか高品質なので、もう少し注目されて欲しいものです。
数少ない、PS3の2Dシューティングだし・・・。

音楽も結構カッコいいので、サントラ付きの限定版を買えばよかったかも。

公式サイトはこちら
line
「TROUBLE」(1975年)
SAILOR


帽子がステキ


無駄に忙しいので、簡易更新でお茶を濁しとこう(?)。
・・・ということで、英国産モダン・ポップ・バンドの2nd。

本作は何と言っても1曲目に尽きますね。
ポップ・ソングかくあるべし!と力みたくなるほどパーフェクトなポップ・ナンバーです。

ノスタルジックなラスト・ナンバーもいいね~。
聴いてると、すべてを投げ出して船旅にでも出たくなります。
ま、出不精なんで、実際には船旅なんて絶対しないでしょうけど。

でも、高所恐怖症の身としては、やはり飛行機よりも船ですね。
よく「飛行機は安全な乗り物だから怖がることない」と言う人がいるけど、安全とか危険とかそういう問題で怖がってるわけじゃないんだよ。
line
line

line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。