上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line
第2弾はQUEEN。

今回は、CD1枚に収めるのがどう考えても不可能だったので、70年代編と80年代以降編の2つにわけました(笑)。

70年代編
1. Death On Two Legs
2. Lazing On A Sunday Afternoon
3. Killer Queen
4. My Fairy King
5. Somebody To Love
6. '39
7. Fight From The Inside
8. Seaside Rendezvous
9. Sleeping On The Sidewalk
10. Dead On Time
11. Who Needs You
12. Now I'm Here
13. Dreamer's Ball
14. Bring Back That Leroy Brown
15. Fun It
16. Good Old-Fashioned Lover Boy
17. Seven Seas Of Rhye
18. Teo Torriatte (Let Us Cling Together)

80年代以降編
1. Party
2. Dragon Attack
3. Man On The Prowl
4. Pain Is So Close To Pleasure
5. I Want It All
6. Staying Power
7. Headlong
8. The Invisible man
9. Who Wants To Live Forever
10. Radio Ga Ga
11. Action This Day
12. Rain Must Fall
13. Another One Bites The Dust
14. Sail Away Sweet Sister
15. The Hitman
16. Cool Cat
17. Was It All Worth It
18. The Show Must Go On

・・・と、まあ、こんな感じに。

どの時代も名曲目白押しのQUEENですが、今回は、改めて80年代の楽曲の素晴らしさを痛感しました。
以前はよく「80年代のQUEENはパワーが無くなった」なんて言ってる人がいましたが、やはり、80年代を聴かずしてQUEENの凄さはわかりませんよね。
スポンサーサイト
line
特定のジャンルやアーティストを取り上げて私的ベスト盤を作ろう、というモノですが・・・ずばり、10年くらい前に某B!誌でやっていた企画の真似です。

今回はJUDAS PRIESTのベスト盤を作ってみました(収録時間、曲数はCD1枚に収まる程度)。

1. Sinner
2. Jawbreaker
3. Metal Gods
4. All Guns Blazing
5. Bloodstone
6. Saints In Hell
7. Rock You All Around The World
8. Revolution
9. Heading Out To The Highway
10. Take On The World
11. Breaking The Law
12. Burnin' Up
13. Night Crawler
14. Death Row
15. Screaming For Vengeance
16. Rock Hard Ride Free
17. Monsters Of Rock
18. Steeler

といった感じですが・・・やはり、CD1枚に収めるのは難しいですね。
「運命の翼」や「NOSTRADAMUS」はアルバム全体で1曲というイメージがあるので、パス。
定番の「The Hellion~Electric Eye」が無いのは・・・なんというか、聴き飽きたから(苦笑)。

「KILLING MACHINE」や「BRITISH STEEL」の曲はもっと入れたかったかな。
line

2002年~2007年くらいにかけて、英国から若くてイキのいい新人バンド(代表的なところではLIBERTINES、CORAL、FRANZ FERDINAND、ARCTIC MONKEYSあたりになるか)が多数登場し、大いにシーンが盛り上がったことを覚えておられるでしょうか?
わたしはよく覚えています。だって、結構な枚数のCDを買ったもん。

あれから数年が経過し、残念ながら当時の勢いは目に見えて衰えて来ているようです。
デビューしたはいいけど1作・2作で消えてしまうとか、その後も作品を出しつつも失速感が拭えないとか、やけに作品間のブランクが長いなど、お世辞にも順風満帆な活動をしているとは言えないバンドがほとんどになってしまったように思えます。

う~ん・・・ムーヴメントの最後なんてそんなモノだ、と言われればその通りかもしれないけど、でも正直これはいろんな意味で勿体無いぞ。
だって、作品の質はどれも結構高かったわけだしね。今聴いても楽しめるアルバム、かなり多いよ?

ということで、個人的オススメ作品をいくつか紹介しようと思います。
中古で安く入手出来るモノも結構あるよ。下手をしたら、ジュース1本より安いとか・・・。


bloc+party01_convert_20110409230309.jpg
「SILENT ALARM」 BLOC PARTY
ニューウェイヴ・リバイバル系バンドの最高峰。2nd以降もグッド。

duels01_convert_20110409230350.jpg
「THE BRIGHT LIGHT AND WHAT I SHOULD HAVE LEARNED」 DUELS
メロトロンがナイス! 昔ながらの英国ポップですね。

el+presidente_convert_20110409230417.jpg
「EL PRESIDENTE」 EL PRESIDENTE
T-REX+DEF LEPPARD(?)といった感じのグラム・ロック。DVD付きの限定版がオススメ。PVがいい味出してます。

enemy01_convert_20110409230441.jpg
「WE'LL LIVE AND DIE IN THESE TOWNS」 THE ENEMY
シンフォニックな味付けがあるロックンロール。メロが良い。

futureheads01_convert_20110409230523.jpg
「THE FUTUREHEADS」 THE FUTUREHEADS
XTC+JAM? ケイト・ブッシュのカヴァーあり。

keane01_convert_20110409230559.jpg
「HOPES AND FEARS」 KEANE
美メロなピアノ・ポップ。とりあえず1曲目は必聴。

kills01_convert_20110409230625.jpg
「MIDNIGHT BOOM」 THE KILLS
随分とポップ&ダンサンブルになった3rd。カッコいいっすよ。

little+man+tate01_convert_20110409230650.jpg
「ABOUT WHAT YOU KNOW」 LITTLE MAN TATE
英国度満点のロックンロール。5曲目が素晴らしい。

mumm-ra_convert_20110409230718.jpg
「THESE THINGS MOVE IN THREES」 MUMM-RA
60年代後半のKINKS風? キーボードの使い方が上手い。

music01_convert_20110409230739.jpg
「THE MUSIC」 THE MUSIC
グルーヴ系なら、やはりこのバンドかな。「The People」が熱い。

mystery+jets01_convert_20110409230803.jpg
「MAKING DENS」 MYSTERY JETS
プログレ味のあるロックンロール。ギタリストとヴォーカリストが親子らしい。

new+rhodes_convert_20110409230827.jpg
「SONGS FROM THE LODGE」 NEW RHODES
SMITHSフォロワー。通して聴くと若干飽きがくるけど、1つ1つの曲はよく出来ている。

ordinary+boys01_convert_20110409230851.jpg
「OVER THE COUNTER CULTURE」 THE ORDINARY BOYS
安いアルバムの代表格(苦笑)。でも、やっぱりこの1stは良い。

others_convert_20110409230915.jpg
「THE OTHERS」 THE OTHERS
甘さ控えめなロックンロール。メタル度の低くなったU.K.SUBS?

pigeon+detectives01_convert_20110409230940.jpg
「WAIT FOR ME」 THE PIGEON DETECTIVES
ポップでパンキッシュなバンド。かなりメジャー感のある音作りですね。

razorlight01_convert_20110409231003.jpg
「RAZORLIGHT」 RAZORLIGHT
この2ndで一気にメロディアスになりました。

rifles01_convert_20110409231028.jpg
「NO LOVE LOST」 THE RIFLES
ありがちなロックンロールだけど、ひたすら曲が良い。

subways01_convert_20110409231156.jpg
「YOUNG FOR ETERNITY」 THE SUBWAYS
荒削りながら、ところどころで素晴らしいメロが聴ける、ロックンロール。ベーシスト(♀)が可愛い。

thee+unstrung_convert_20110409231220.jpg
「LIE CHEAT & STEAL」 THEE UNSTRUNG
ポップなブリティッシュ・ビート系サウンド。これも安い。

zutons01_convert_20110409231247.jpg
「YOU CAN DO ANYTHING」 THE ZUTONS
3rd。かつての妖しさは減退したけど、曲のクオリティは確実に上がってます。ハードロック味も少々。
line

というわけで、考えてみました。
一応、順位がついてますが、わたしの中では限りなく順不同に近いです。
 
 1. 経験値上昇中☆ / 佐藤利奈・井上麻里奈・茅原実里
 史上最強のアニソン。
 
 2. Downside-Up / PETER GABRIEL
 彼の曲の中では3本の指に入るほど好きな曲。ドラマティックですね。

 3. 僕の手紙 / ZONE
 メロディも泣けるが歌詞も泣ける。ついでにPVも泣ける。

 4. Fix You / COLDPLAY
 この曲で彼らを見直しました。
 
 5. Somewhere Only We Know / KEANE
 ご存知、ピアノ・ロックの超名曲。

 6. Another Sunny Day / BELLE AND SEBASTIAN
 ポップでせつないフォーク・ロック。

 7. Soldier / WISHING TREE
 MARILLIONより、このバンドの方が好きだったりする。

 8. Paradise Lost / 茅原実里
 史上最強のアニソンその2。

 9. Gas Panic ! / OASIS
 メロトロン使用の叙情派サイケデリック・ナンバー。

10. Ain't Talkin' / BOB DYLAN
 御大が本気を出せばこんなものです。

11. Mother Gaia / STRATOVARIUS
 彼らの曲じゃこれが一番好き。速弾きしない方がいいよね、トルキって。

12. Sӕglópur / SIGUR RÓS
 タイトル読めねぇ。でも、名曲。

13. A Bullet For Everyone / PAUL WELLER
 ギター・ソロがカッコいいんだ。

14. Rainy Night In Saigon (Part 1 & 2) / TAI PHONG
 伝説のバンドの復活に、大いに興奮したものです。

15. ふでペン~ボールペン~ / 放課後ティータム
 1期の最終回を見ると、感動も倍増。

16. The Crystal Light / HOSTSONATEN
 哀愁のドラマティック・インスト。

17. And Then There Was Silence / BLIND GUARDIAN
 肩をポンポン叩きながら「ご苦労さん」って言ってあげたくなる。

18. House Party At Boothy's / LITTLE MAN TATE
 ラストのシンガロングはまさに英国ロック(?)。

19. Be The Rain / NEIL YOUNG
 ボーナス・ライヴDVDで見れる、アコギの弾き語りバージョンの方が良い。

20. Requiem For The Sun / CATHEDRAL
 やはり彼らはこうでなきゃ。

21. Yoshimi Battles The Pink Robots Pt. 1 / THE FLAMING LIPS
 変テコなタイトルだけど、やはり泣けます。

・・・こんな感じでしょうか。
個人的に'00年代で印象的だったのは、ベテランとUKロックと(英米の)フォークとアニソンですね。
上記のセレクションにも、それが色濃く反映されてる・・・はず。
line
「星空のディスタンス」(1984年)
ALFEE

ジャケット

部屋の片付けをしていたらこの7インチ・シングルが出てきたのですが・・・いやぁ、懐かしいですね。
当時(1984年だから、小学校低学年か)、テレビで聴いたこの曲をいたく気に入り、すぐさま小遣いを握り締めてレコード屋へ買いに行ったことを思い出しますよ。

・・・ということで、もはや説明不要(?)のALFEEの代表曲、「星空のディスタンス」です。
うん、名曲ですね。
コンパクトでありながら適度なドラマ性があり、歌メロはやたらにキャッチーで、ハードロッキンなギターもカッコよく・・・ってそりゃ、子供のわたしでも魅了されますよ。

せっかくなので、久しぶりに聴いてみたのですが・・・間違えて33回転で再生してしまいました。
うわっ、すっげえドゥーミーな曲になってるよ!!

ドゥーム・バージョン(これが結構、面白い)を最後まで聴いた後、今度はきちんと45回転で再生。
うむ、多少チリノイズが入りますが、まだしっかり聴けますな。

ちなみにこの曲はドラマの主題歌だったりするのですが・・・ALFEEが主題歌を手がけたドラマって、よくコケるんですよね・・・。
曲は結構ヒットしてるのに・・・。
line
line

line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。