上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line
「CUNNING STUNTS」(1975年)
CARAVAN


ジャケット

70年代半ばくらいから徐々にポップになっていったプログレ・バンドって結構多い気がしますが、CARAVANもご多分に漏れず、本作以降、ポップ濃度をぐっと増していきますね。
・・・いや、それよりも、本来持っていたポップ・センスを前面に押し出すようになっただけ、と言った方が良いのかな。

まあ、いずれにせよ、私自身はコテコテのプログレも好きだけど、同時にポップな音楽も大好きなので、この手の変化には全く問題を感じていなかったりします。

というか、これほどのアルバムを作られたら、文句言えないだろう・・・って感じ。
最高傑作なんて大仰な表現は似合いませんが、個人的には彼らのアルバムの中で、最も聴く回数の多い作品だったりします。
ポップで爽快な#2なんて、いつ聴いても元気になれますな。
本作唯一の長尺ナンバー#6も、ドラマティック極まりない名曲。

ヒプノシスによるジャケがまた、秀逸なんですよね。
スポンサーサイト
line
line

line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。