上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line
「地球防衛軍3」(2006年)
ディースリー・パブリッシャー

パッケージ

購入して7年目にして、ついにPS2が死にました。
電源は入るのですが、ディスクを全く読み込んでくれないのです・・・。

う~ん、久しぶりに「地球防衛軍2」をやろうとしたのですけどねぇ。
まあ、仕方がないので、代わりにXBOX360で出てる「3」をプレイすることにしました。

というわけでサンドロット開発による、大人気TPSの3作目。
3作目とは言うものの、実際には1作目のリメイクというややこしい内容です。

次世代機で出したわりにはグラフィックがやや物足りない気はしますが、巨大生物や巨大ロボット、宇宙船を無双していく爽快感は健在。

また、従来作では声はすれども姿が見えなかった仲間のEDF隊員もしっかり登場し、一緒に戦ってくれます。
「EDFは最後まで戦う!たとえ希望のない戦いでもだ!」とか、「やることは一つだ。敵の前で引き金を引け。それだけだ」「イエッサー!!」とか、台詞も妙に熱かったりします(笑)。
・・・まあ、結構弱いんですけどね。

本作をプレイする時におすすめなのが、カスタムサウンドトラックを使ったBGMの差し替え。
JUDAS PRIEST、ACCEPT、TANKあたりの曲をバックにプレイすると、かなり熱くなれますよ(笑)。
ああ、だからXBOXで出したのか、D3は。

今月末にはPS VITA版が出ますが、このシリーズは大きな画面でプレイしてなんぼだと思うので、正直どうなんだろ?って感じ。
目下、開発中らしい4作目に期待してますよ。

さあ、あなたも公式サイトでEDFに入隊だ!
スポンサーサイト
line
「アンダーディフィートHD」(2012年)
グレフ

パッケージ絵

無駄に忙しいので、簡易更新でお茶を濁しとこう(?)。
ん?何だか既視感が・・・。
・・・ということで、2005年にアーケード用として登場したシューティング・ゲームの、PS3植版。

しかし、硬派なシューティングですね。
最近はシューティングにまで「萌え」が侵食しているわけですが、本作にはそんな要素は皆無!
ついでに、弾幕系でもありません。

難易度はイージー・モードでも結構高いですが、ゲーム自体はなかなか高品質なので、もう少し注目されて欲しいものです。
数少ない、PS3の2Dシューティングだし・・・。

音楽も結構カッコいいので、サントラ付きの限定版を買えばよかったかも。

公式サイトはこちら
line
「THE ELDER SCROLLS V : SKYRIM」(2011年)
ベセスダ・ソフト・ワークス

パッケージ

驚くべき自由度を誇るオープンワールドRPGの5作目。

まだ、チュートリアルを終えてクエストを2つほどクリアしただけなのですが、やっぱり面白いですな。
操作面などでやや不便に感じるところもあるのですが、これは慣れの問題かもしれません。
とりあえずは、主人公をなかなかのイケメンにすることが出来てよかった(笑)。

まあ、しばらくはメイン・クエストを無視してマップの探索に専念しようかな。
今回もかなりの広さみたいなので、いろいろと楽しみです。

ああ、なんか廃人と化すのも時間の問題のような気がしてきた・・・。
前作も生活に支障が出そうなくらいハマったからなぁ。

ということでブログ更新が滞ることは確実だと、宣言しておきます(苦笑)。
line
HARD CORPS:UPRISING (2011年)
コナミデジタルエンタテインメント

HARD CORPS UPRISING

コナミといえば、最近はスポーツものや音ゲーのイメージが強いみたいですが、私くらいの世代にとっては、やはり「グラディウス」や「悪魔城ドラキュラ」、「グーニーズ」といった往年の名アクション/シューティングが真っ先に思い浮かぶわけです。
いや、ホント、80年代半ば~後半にかけてのコナミは神懸かってたよなぁ。

本作は、そんな神懸かっていた頃のコナミ・テイスト満載の横スクロール2Dアクション。
しかも、「魂斗羅」シリーズの流れを汲む内容(タイトル画面の音楽も「魂斗羅」と同じ。メタル化してますが)ときたもんだ。

実は、ゲーム自体の製作はコナミではなくアークシステムワークスなのですが・・・しかし、なんだこの強烈なコナミ臭は(笑)。
世界観やキャラのデザインはどちらかといえば「ギルティ・ギア」や「ブレイブルー」(どちらもアークシステムワークスの代表作)に近いのですが、このじっくり攻略法を確立しながら敵の猛攻をかい潜っていく感覚は、まさに往年のコナミのアクションそのもの。

BGMは80年代メタル風の曲調が多く、これまたオールドスクールな印象を助長してくれます(?)。
因みに、ギターを弾いてるのは大村孝佳。

PS3版、Xbox版ともにダウンロードのみの販売で、お値段は超お手頃。
興味のある方はPSNやXbox Liveを覗いてみてください。体験版もある・・・はず。

PS3版の詳細はこちらで。
http://www.konami.jp/products/dl_ps3_hcu_dd/
line

ここしばらくお休みしていましたが、別にサボっていたわけではありません。
ゲームはきちんと進めていました。

ただ、スクショの撮影やら加工やらが面倒になっていただけでして。

ナイトメア・モードはもちろん、最高難度のインフェルノ・モードもしっかりクリア。
ついでに、ボス・ラッシュも全難易度クリア済みです。

very easy

↑ベリー・イージー

easy

↑イージー

normal

↑ノーマル

hard

↑ハード

night mare

↑ナイトメア

inferno

↑インフェルノ

extra

↑エクストラ

こんな感じに。
まあ、私程度の腕じゃ、これくらいのタイムが限界です。
インフェルノは2時間近くかかってますな・・・。
これはギルンとギャルバとガルバランに手こずったから。

エクストラのベルハルトは、ダブル・ブーストで体力回復が出来る分、PC版よりも無茶が出来ますね。
おかげで、1分台とかも普通に出せます(1分切れる猛者もいるようですが・・・)。

しかし、やはりこのゲームは名作ですね。
ボリューム不足を指摘する声もあるみたいですが、個人的にはこれくらいでちょうどいいと思ってます(最近のRPGはダラダラと長すぎ)。

PSP版は画面が小さくて苦労する場面も一部ありましたが(時計塔、ガルバラン戦など)、全体的にはPC版よりも親切設計になっていて、かなり好感が持てます。
この内容なら、もっと売れてもいいと思うのですけどねぇ。

廉価版が最近になって出たので、興味のある方はどうぞ。
line
line

line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。