上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line
「トトリのアトリエ ~アーランドの錬金術士2~ オリジナルサウンドトラック」(2010年)
O.S.T


ジャケット

PS VITAで「トトリのアトリエ」が出ますね。
いろいろと追加要素もあるらしいので、多分買ってしまうことでしょう。
個人的に、「トトリ」は今までにプレイしたRPGの中で5本の指に入る名作だと思ってますし(あとの4本は「オブリビオン」「スカイリム」「キングスフィールド2」「ウィザードリィ1」)

ということで、今回のネタは同作のサントラ。
2010年のベストにランクインさせるのをすっかり忘れていたのですが、素晴らしい内容です。

楽曲的にはケルト色の強かった前作とは異なり、フォルクロール系の曲調が中心になっていますね。
また、ストーリーの都合上(?)、マイナー・キーのシリアスな曲も増えてます。

個人的ハイライトは、作中ではグラントホルンで使われていた「遥かなる頂上」。
雄大かつ、仄かな哀愁を漂わせるメロディが絶品ですよ。
その他では、牧歌的な「ミルクを分けてよ」、勇壮な「Try」、ドラマティックなシンフォニック・チューン「Terminus」なども印象深い。

残念なのはプロダクションが妙にこじんまりとしていて、スケール感に乏しいこと。
これはまあ、ゲーム・ミュージックのサントラによくあることなのですが・・・。
マスタリング・ソフトを使って好みの音質に変えてしまうのも、ひとつの手かもしれないですね(私は実際にそうした)。
スポンサーサイト
line
「CHILDREN'S GAMES」(1994年)
LORIEN


lorien_convert_20110122032842.jpg

英国産シンフォ・バンドのおそらく唯一のアルバム。
日本では今は亡きゼロコーポレーションから出てましたね。

このアルバムの大きな特徴は、その独特の浮遊感のあるプロダクションでしょうか。
「安定感の無いジョン・アンダーソン」といった感じのヴォーカルといい、シンセと聴き違えそうなギターといい、柔和なキーボード群の音色といい、妙にフワフワとしています(笑)。
なんだか霧の中を彷徨っているような感覚に襲われるのは、私だけでしょうか。

まあ、正直言って、アルバム自体の完成度はそんなに高くないです。
音は安いし、名曲と言えそうなのは10分弱の叙情派ナンバーの#3と、小曲ながらもドラマティックな展開を見せる#6くらいなものですから。
あとの曲は、悪くはないんだけど・・・といったレベル。
長尺曲の#5も、いまいち決めてに欠けるんだよなぁ。

・・・とはいえ、個人的には結構思い入れのある作品で、今でもたまに聴きます。
やっぱり#3と#6は名曲ですよ。
後者なんてアコギでカヴァーしたこともあります(笑)。

因みに、こんなバンド名だからといってトールキン的な世界観を期待すると肩透かしを喰らうと思うので、ご注意を(苦笑)。
line
「FACE THE HEAT」(1993年)
SCORPIONS


scorpions01_convert_20120822133121.jpg

SCORPIONSの12作目・・・くらいのアルバム。
グランジ全盛時に出たせいかあまり話題にならなかった作品ですが、個人的には初めてリアルタイムで聴いたSCORPIONSのアルバムということもあって、思い入れは結構強かったりします。

頭3曲がかなり強力なのですが、中でも1曲目の「Alien Nation」は90年代のスコピを代表する名曲。
腹に響く重々しいリフがカッコよすぎです。
まあ、日本のファンからは「流行に乗った曲」で片付けられてるっぽいですが・・・。

そういえばこの時代のメタル・バンドって、少しでもヘヴィでダークな曲をやると「グランジ化」の烙印を押されて批判されてた気がしますね。
個人的には、その手の作品で好きなものって結構多かったりするのですが。
MOTLEY CRUEのアレとか、SKID ROWのサブヒューマンなヤツとかカッコよかったよなぁ。
line
「地球防衛軍3」(2006年)
ディースリー・パブリッシャー

パッケージ

購入して7年目にして、ついにPS2が死にました。
電源は入るのですが、ディスクを全く読み込んでくれないのです・・・。

う~ん、久しぶりに「地球防衛軍2」をやろうとしたのですけどねぇ。
まあ、仕方がないので、代わりにXBOX360で出てる「3」をプレイすることにしました。

というわけでサンドロット開発による、大人気TPSの3作目。
3作目とは言うものの、実際には1作目のリメイクというややこしい内容です。

次世代機で出したわりにはグラフィックがやや物足りない気はしますが、巨大生物や巨大ロボット、宇宙船を無双していく爽快感は健在。

また、従来作では声はすれども姿が見えなかった仲間のEDF隊員もしっかり登場し、一緒に戦ってくれます。
「EDFは最後まで戦う!たとえ希望のない戦いでもだ!」とか、「やることは一つだ。敵の前で引き金を引け。それだけだ」「イエッサー!!」とか、台詞も妙に熱かったりします(笑)。
・・・まあ、結構弱いんですけどね。

本作をプレイする時におすすめなのが、カスタムサウンドトラックを使ったBGMの差し替え。
JUDAS PRIEST、ACCEPT、TANKあたりの曲をバックにプレイすると、かなり熱くなれますよ(笑)。
ああ、だからXBOXで出したのか、D3は。

今月末にはPS VITA版が出ますが、このシリーズは大きな画面でプレイしてなんぼだと思うので、正直どうなんだろ?って感じ。
目下、開発中らしい4作目に期待してますよ。

さあ、あなたも公式サイトでEDFに入隊だ!
line
「LAS HADAS NO VUELAN MAS / 1.VAGAS NUBES」(2006年)
JAEN KIEF


jaen+kief01_convert_20110122032603.jpg

コロンビア出身バンドの、一見美麗だけどよくよく見てみると実はそれほどでもない(?)ジャケが印象的なデビュー作。

PINK FLOYDとJETHRO TULLを足して2で割らずに、南米っぽい哀愁をこれでもかとふりかけたような音楽をやってます。
ありがちな音楽性ですが、曲作りも演奏もハイレベルなのでシンフォ・マニア以外でも普通に楽しめるはず・・・たぶん、きっと。
聴いていると、夕日に染まったアンデスの山々とか、ベタなイメージが脳裏に浮かびますよね?ね?

しかし、南米は地味に良質なシンフォ系アーティストを輩出してきますね。
彼の地のロック事情なんて全く知らないのですが、少なくともシンフォ・ファンにとっては「聖地」と呼べる土地になりつつあるのではないでしょうか。
まあ、ちょっと大袈裟か・・・。
line
line

line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。